2冠馬ドゥラメンテ急死 初年度から重賞馬を輩出

2021年09月01日

 2015年の皐月賞・日本ダービーを制したドゥラメンテが、社台スタリオンステーションで8月31日に急性大腸炎のため死亡ことがわかった。9歳だった。


 ドゥラメンテは、父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、母父サンデーサイレンスという血統。主な勝ち鞍は、2015年皐月賞、2015年日本ダービー。通算成績は9戦5勝。種牡馬期間は2017年~2021年。


 種牡馬として、弥生賞を制したタイトルホルダーや青葉賞2着キングストンボーイなどを輩出し、これからの活躍が期待された中での早世となった。最後の産駒は、来年産まれる当歳馬となる。


 社台スタリオンステーション 徳武英介氏のコメント
「1週間ほど前から右前肢の蹄冠部外傷の治療をしており、良化途中でしたが、前日30日より腸炎の兆候があり、その後急激に悪化してしまいました。今年の種付けシーズンも元気に過ごしていただけに信じられないでいます。日本屈指の名牝系出身で日本のチャンピオンサイアー5頭を重ねた名馬の早逝だけに、関係者の皆様、ファンの皆様には大変申し訳なく思っております。種牡馬としても頂点を期待されていましたので、残された産駒たちの応援を引き続きお願いいたします。ドゥラメンテの功績に感謝しつつ、心よりご冥福をお祈りいたします」


 堀 宣行調教師のコメント
「これまでも強い精神力で困難に打ち勝ってきた馬だけに、今回の事態も克服してくれるものと揺るぎない信頼を寄せていたのですが、突然の訃報に驚きました。いくら言葉を尽くしても伝えられないほど、深い悲しみのなかにいます。最高のサラブレッドの一頭であり、優秀な後継を残してほしいと願っていましたので、まだ9歳と若いのにもかかわらず、前途が絶たれたのが残念でなりません。ファンの皆様には暖かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします」


ドゥラメンテの産駒一覧

2015年 日本ダービー


新着ニュース