海外の主要なセリ会社

更新日 2020年09月15日

米国の主要セリ会社


ファシグ・ティプトン(Fasig-Tipton Company)

 アメリカのケンタッキー州レキシントンに拠点を構え、1898年創業の北アメリカでも最古の競売業者としても知られる。毎年8月に開催される特選イヤリングセール(1歳馬競り市)のサラトガセールは世界的に有名な競り市のひとつである。セール出身馬として、マンノウォー、レイズアネイティヴ、、ダンジグといった名馬がいる。


キーランド協会(Keeneland Association)

 毎年4回行われるキーンランド・セール(Keeneland Sales)は、世界的に有名な競り市のひとつである。開催月によって、競りの対象となる馬の年齢などが異なり、毎年以下の予定で開催される。

1月 すべてのサラブレッドを競売にかけるセール
4月 2歳馬を対象としたトレーニングセール
9月 イヤリング(1歳馬)セール。世界最大級のイヤリングセールで、厳しい審査基準によって競りに出品できる幼駒を選別している。
11月  ブリーディングストックセール。1歳馬を除く、すべての繁殖活動が可能な馬(種牡馬・繁殖牝馬)が競売の対象となる。


オカラブリーダーズセール社(Ocala Breeders' Sales Company)

 アメリカのフロリダ州で3月、4月に開催される2歳馬のトレーニングセールが有名である。セール出身馬として、日本ではゴスホークケンやアジアエクスプレスなどのGI馬を輩出している。



欧州の主要セリ会社


タタソールズ社(Tattersalls)

 イギリスのニューマーケットに拠点を構え、1766年に創設された欧州を代表するセリ会社である。


ゴフス社(Goffs)

 アイルランドに拠点を構え、アイルランドを代表するセリ会社である。


アルカナ社(Arqana)

 フランスのリゾート地ドーヴィルに拠点を構え、8月半に同社の最も重要な1歳セールが開催される。



オセアニアの主要セリ会社


イングリス社(William Inglis & Son)

 オーストラリアを代表するセリ会社で、毎年イースター (復活祭) に開催される 「オーストラリアン・イースターセール」 は南半球最大のセール。


マジックミリオン社(Magic Millions Sales Pty Limited)

 オーストラリアを代表するセリ会社で、毎年1月に開催される「ゴールドコースト・イヤリングセール」が有名です。マジックミリオンズ社は、セリで売買された馬だけが出走権を持つレースと多彩なセールが組み合わせてセリを行っています。


ニュージーランド・ブラッドストック社(New Zealand Bloodstock)

 ニュージーランドを代表するセリ会社。



お役立ち情報